サーフボードの種類

サーフボードはみな同じように見えるかもしれませんが、実はいくつか種類があることをご存じでしょうか。
安心安全にサーフィンを楽しむためには、自分の体型や経験に合わせたボード選びも大切です。
こちらではサーフボードの種類と特徴について詳しくご紹介します。

ショートボード

3種類のなかで最も長さが短く、軽量でコンパクトなボードです。あまり安定感がなく、きちんと基礎ができていないと乗りこなすのは難しいでしょう。そのため主に中級や上級者向けのボードとして使用されます。
シャープなターンや大きなマニューバーを描けるなどパフォーマンスに非常に優れており、アグレッシブに楽しみたい方に選ばれています。

ファンボード

ショートと後に紹介するロングボードの中間にあたるもので、ビギナーボードとしてよく使用されます。
つまりは、ショートとロングの良いとこ取りのボードともいえるわけです。初心者や女性、上級者まで楽しくサーフィンができるよう設計されています。ロングボードと比べ持ち運びにも困りません。

ロングボード

3種類のなかで最も長くて浮力もあり、失速しにくいボードでもあるのでテイクオフが簡単です。
すぐに波に乗れるようになりたい方にピッタリのボードです。しかしボードが大きく重さもあるため、体重がなければ波に乗れたとしてもコントロールするのは難しいでしょう。

パドルボード

上記の3種類とは違い、ボードの上に立ち乗りし、オールを使ってパドルします。
海だけでなく、川や湖などの違うフィールドでもスタンドアップボードとして楽しめるのが魅力です。
このトレーニング効果に多くのハリウッドセレブが注目し、様々なメディアでパドルボードを楽しむ姿が取り上げられています。サーフィンについて詳しく知りたい方は、サーフィンスクールに通ってはいかがでしょうか。

千葉県サーフィンスクールをお探しの方は、トライサーフスクールをご利用ください。
体験サーフィン、基礎コース、上達コースなどご用意しています。
各種サーフボード、ウエットスーツは有料でレンタルできますのでご利用ください。
サーフィンスクールで様々なテクニックを身につけ、他のサーファーに差をつけませんか。
心より申込をお待ちしています。